電波時計についての知識

ビジネス面においてもプライベート面においてもおいても私たちが重要している概念として時間は欠かすことができません。
人と待ち合わせをする際には必ず集合時間を設定しますし、仕事をする上でも仕事の開始時刻や終了時刻などはもちろんのこと、何時にどのようなことをするかなど細かくスケジュールを決めて動く人も少なくはありません。

また公共交通機関にしても時間に正確であることが常に求められていますし、私たちが活動する上で正確な時間を常に知っておくことは非常に重要なこととなるのです。
腕時計は、アクセサリー感覚で身につけることができ、いつでも時刻を知ることのできるアイテムです。
年齢や性別に関係なく多くの人が購入し、身に着けています。

腕時計は正確な時間を知るという実用性以外の面でも、ファッション性の高いものもあるため、おしゃれや流行に敏感な人達にも注目されています。
一つの巨大市場となっており、購入だけでなく、中古時計買取などのアフターマーケットも巨大です。

参考:時計買取JP|腕時計を売るなら高価査定のネット宅配買取がおすすめ!

その中で、高い精度を誇り、時間が全く狂わないことで、ビジネスパーソンを中心に絶大な人気を博している製品があります。
電波時計と呼ばれるタイプのものです。
一般的なクオーツ式は1ヶ月間に10秒程度のズレが生じるものであり、長く使っていると知らない間に時間が大きくズレてしまうこととなります。

しかし電波時計は内蔵されているアンテナが標準電波を受信し、自動で時刻が修正されるので時刻のズレが発生しないのです。
日本の標準電波は福島局と九州局から発信されており、これらの標準電波を1日1回決められた時間に自動受信することで正確な時間表示を保つことができるのです。

東日本地域は40kHzの福島局、西日本地域は60kHzの九州局からの電波を受信しやすいと考えられています。
なお、電波が受信できなかった場合は通常のクオーツ時計と同精度で動作をすることとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です