次世代ゲーム機とPS3買取

ゲーム機の進化というのには、新しいハードが発売されるたびに驚かされるものがあります。
家庭用ゲーム機でいえば、初代ファミコンやスーパーファミコンのグラフィックでは2Dのドット絵が良い味を出していたと思います。

懐古主義ではないですが、今もなおスーパーファミコンのファイナルファンタジーやドラゴンクエストは「あの頃は良かった・・・」などと思うこともあります。
しかし、SONYのプレイステーション登場あたりからは、3Dグラフィックでの表現が主流になり、PS2、PS3、PS4と確実に進化してきています。

特に2014年2月に日本国内でも販売開始されたPS4のグラフィックには度肝を抜かれました。
これはPS2やPS3の時も同様で、これ以上グラフィックの強化は必要ないだろうなどと考えていましたが、いざ次世代機に触れてみると以前のものがショボく見えてしまいます。

参考:倉敷市のPS3買取でおすすめなのは?

もちろん、ゲームの良し悪しはグラフィックだけで決まるものではないのですが、表現力という点ではスペックの上昇とともに魅力は増えていきます。

よりリアリティのある映像を経験してしまうと、1世代前のハードに戻るのは難しいなとPS4で痛感しました。
現在、ソフトのラインナップはイマイチですが、今後の充実に期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です