コッコラーレ、淡路島にあるレベルの高いビュッフェレストラン

店名:コッコラーレ
住所:兵庫県淡路市夢舞台2番地 ウエスティンホテル2F
電話:0799-74-1111

コッコラーレは、今年の8月にウエスティンホテルに家族旅行に訪れた際に夕食で利用したレストランです。
建築家の安藤忠雄さんが手掛けたホテルの中にある為、光を上手く取り入れられており、開放感が抜群で、センスを感じる店内でした。

コッコラーレは店の外ににも大きなバルコニーがあり、そこでも食事ができます。
訪れたのが8月という事もあり、ビュッフェでは珍しいハモを使った料理がありました。

コッコラーレは、料理の種類も豊富で、和洋食から中華料理、カレーまで沢山の種類がありました。
私が特に気に入ったのは、淡路牛のローストビーフです。
ビュッフェの料理という事で、そこまで期待はしていなかったのですが、本当に柔らかくジュシーで、赤ワインを用いたソースとの相性もバッチリでした。

また、ハモのしゃぶしゃぶも凄く美味しかったです。
出来るだけ沢山の料理を食べたかったので、少しずつ食べていたのですが、先の2つの料理については、美味しくて思わずおかわりしてしまいました。

淡路島の名産品でもある玉ねぎを用いたオニオンスープや焼き玉ねぎも、凄く甘みがあって、日頃食べている玉ねぎとここまで違うものかと感心しました。

私が利用した時は、食事代は宿泊料金に含まれていましたが、食事のみをする場合は、4850円だそうです。
正直、コッコラーレは本当にどの料理もレベルが高くて、お得だと思います。
サービスも問題ありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です