賢い借金返済方法と支払い計画

私が初めてお金を借りたのは、21歳のときです。
それから三十路前になるまで、ずっと借金を背負っていました。
借入があるのと言うと、みんなどうして借りたの?何に使ったの?何円借りているの?と聞きます。

私が借金を作った理由は、貧困であったからです。
使い道は生活費、借りている金額は実は自分でも把握していませんでした。
負債を作っていても、借り入れ総額は把握をしていないという人は少なくありません。
借入総額を把握するのが怖いという、貧困の人間に特有の現実逃避的な要素もあります。

私は最初は10万円を借り、後に返済をしながらまた、10万円や20万円を借りていました。
最後の方になると、たったの一万円を何度も借りていました。
少し遊ぶお金、買い物のお金に困るとすぐにATMで一万円を借りていたのです。

借りたり返したりですから、総額など把握できません。
きっと、しっかり賢い借金返済方法で計画を立てて総額を把握し、ちまちまと家計簿をつけられる人物ならば、借入は常習化しないのではないでしょうか。
私は本当に、お金を湯水のように使ってきてしまいました。

借りているお金だというのに、別に欲しくもない物に使っていたのです。
適当な方法でやっていれば、いつかは完済するだろうといった気軽な気持ちになっていました。
結局は、他人に返済を手伝って貰い、やっと完済ができたのですが、もっと計画的に使うべきであったと思うばかりです。
こんなんだから貧困のままなんでしょうか。

参考サイト:賢い借金返済方法は?はっきり正直に答えます。

賢い借金返済方法と生活費の節約

今の日本にはさまざまな条件で特化されているローンやキャッシングが多くあり、手軽にお金が借りられる時代になっています。
しかし、その一方で手軽な金貸しにどっぷりとハマってしまい、借金返済ができずにつぶれてしまう人も多いです。

このようなことは、なぜ起きてしまうのでしょうか。
それは、賢い借金返済方法がない問題が大きいです。

何だか良く分からないけど、自分には収入があり、支払い能力があるからお金を貸してくれたという感覚、そして、お金が足りなくなったら、消費者金融へ行けばよいという人もいます。

これは決して賢い方法ではなく、お金を借りるということはそれだけ制限も厳しく、完済するまでは大変だという気持ちを持つことが大切なのです。
借金を背負うということは、返済の義務があります。

また、支払い分は日常生活の支出を圧迫するもので、決して楽な道のりではありません。
普段は生活資金が足りていても、借金返済方法によってはマイナス収支になってしまうことも考えられます。
足りない分を補填するのは借入ではなく、自分の生活費と収支を見直し、節約することから始まります。

節約せずに、足りない分はさらにお金を借りて…とやっていると、いつかは必ず崩壊してしまうのです。
支払いが完了するまでは、決して贅沢なことは考えず、自分の生活を切り詰めてでも節約する必要があります。

支払いを終え、自分の手元にお金が残るようになって初めて、人の生活は落ち着きを取り戻すと同時に、自分の好きなことができるようになるのです。

賢い借金返済方法と仕事の失敗

私は自分の失敗で借金返済をしていたので、更に仕事をする必要性が出てきました。
その時は知り合いにもお金のことで迷惑をかけていたので、現状を変化させたかったです。

また友人たちも借金をしている私からは離れていったので、辛い感情がありました。
お金を借りる原因は、趣味や仕事での失敗に深く繋がっています。

例えば、仕事で失敗をしたら、それだけで大きな損失が加わります。
普通に考えると、ビジネスでは自分でお金を出して、それを増やしていくのが賢い方法です。

しかしお金を増やせないで失敗が続くと、借入を繰り返して資金が足りなくなるのです。
私はそういう失敗を本当に嫌っていて、自分が同じ状況になっていることに苦しみました。
しかしビジネス関連で失ったお金を取り戻すためには、更に努力をしていくしかないです。

借金返済を抱えて分かるのが、その重みや自分の不安定な精神状態です。
私は、お金を借りたことで、常に不安な感情になって、他のビジネスで能力を発揮できなかったです。
それで何度も仕事を辞めた経験があるので、悪循環が怖いです。

賢い方法は、無事に借金返済をして、新しいビジネスを始めることだと思います。
私は挫折を繰り返して完済したので、逆に自信になりました。
お金の怖さを知っていると慎重になって、次には警戒してお金も借りるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です