東京都中央区日本橋、つじ半の海鮮丼!

店名:つじ半
住所:東京都中央区日本橋3-1-15久栄ビル1階
電話:03-6262-0823

つじ半のメニューは海鮮丼のみで、まぐろのたたき・イカ・つぶ貝・エビ・数の子などの新鮮な魚介やがふんだんに使われています。
グレードが3種類あり、「松・竹・梅」とランクが上がっていくと、ウニやいくらが追加されていきます。

まぐろのたたきがベースとなっており、とろとろとした食感にイカやつぶ貝のコリコリ感、きゅうりのシャキシャキ感が絶妙に良いです。

始めは海鮮丼が出る前に、鯛のお刺身が出ます。
絡めてあるゴマダレで頂きますが、この鯛のお刺身は一切れほど残しておきます。
最後に食べ終わったお茶碗を板前さんに声をかけて渡すと、出汁茶漬けを頂けるので、そこに鯛の刺身の残りを入れて、鯛茶漬けにして美味しく頂けるのです。

つじ半の店内はカウンター席のみで、10席ほどです。
常に店の外に人が並んでいて、1~2時間ほど待ちます。

途中で売り切れになってしまうこともあります。
お店の前にお茶のセットが置いてあるので、それを頂きながら待ちました。

メニューは海鮮丼のみですし、子どももいないので、回転は早いです。
待っていた甲斐があると思えるほど美味しいので、つじ半は何度も行ってしまうほど美味しいです。
つじ半、ぜひ行ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です