ペンギンベーカリーカフェ美園店、札幌市豊平区にあるもち明太がおすすめのカフェ

北海道内にいくつか店舗を持っているペンギンベーカリーカフェのオススメ商品はたくさんありますが、まず、もち明太です。

生地自体はふわふわしており、中央に明太子とお餅が入ってます。
1度食べたらやみつきになるおいしさです。

ペンギンベーカリーカフェは、店舗によっては中に入っているお餅が白玉の場合もあります。
値段は230円です。

もう一つは、ぶたぱんと言う商品です。
値段は250円です。

まずパン生地想像以上にモチモチとしていて、なかなか中にあるアンにたどり着けないほどの大きさがあります。
味は豚のアンがしつこくなく、ボリュームも満点なので、満足感が得られると思います。

ペンギンベーカリーカフェのお店の雰囲気は明るくて、イートインスペースが大体10席ほどあります。
飲み物の種類は少ないですがお水をお願いするとつけてくれます。

レジでパンを温めてほしいとお願いすると温めなおして席まで持ってきてくれました。
店員さんの対応は優しく、丁寧で、笑顔が溢れる方たちばかりでした。

ペンギンベーカリーカフェの店舗はいくつかありますが、その中でも美園店の店員さんの接客がいつも丁寧なので、私は美園店をよく利用します。
駐車場スペースも結構広く、同じ敷地内にドラッグストアがあるので、20台ぐらいは止めれるかと思います。

店名:ペンギンベーカリーカフェ 美園店
住所:北海道札幌市豊平区美園1条2-3-7
電話:011-817-3335

茶屋 草木万里野 熊谷店、熊谷市にある外観も料理も楽しめるカフェ

店名:茶屋 草木万里野 熊谷店
住所:埼玉県熊谷市肥塚4-82
電話:048-526-1260

草木万里野おすすめの料理は、ランチセットの石焼ご飯セットです。
石焼ご飯は見るからに熱そうな感じでしたが、とても美味しかったです。

また、明太子が乗っているのにも驚かされ、少し辛めになっているのが良いアクセントになっていました。
それに加えて、スープもデザートもサラダも付いてきたので、お得な感じもありました。

また、小さなグラタンもセットに含まれていて、それも美味しくとても満足できました。
また、石焼ご飯の器も大きく混ぜやすくて良かったです。
そしておこげがついて、食べるのは違った味がして美味しかったです。

ランチの石焼きご飯のセットの価格は、1026円とお手頃でした。

草木万里野の接客は、店に入ると直ぐに店員が来てくれて、柔らかい感じの表情で何人か聞いてくれて好印象でした。
また、料理を運んできたときにも丁寧にテーブルに置いてくれたのが良かったです。

そして、草木万里野は個室が多くトイレの場所が分からず聞いたときには、分かりやすく男性のトイレの場所と女性のトイレの位置まで教えてくれて良い接客態度でした。
食べるときには、石焼ご飯だったので良く混ぜてからとしっかり説明してもらえました。

CoCo壱番屋 高槻国道171号店、高槻市の国道171線沿いにあるカレー店

店名:CoCo壱番屋 高槻国道171号店
住所:大阪府高槻町大畑町20-10
電話:072-697-0007

国道沿いにあるという事もあってか、CoCo壱番屋はいつも家族連れやお仕事中の人などで混雑しています。
しかし特に印象に残ったのは、CoCo壱番屋の店員さんの接客サービスの良さです。

CoCo壱番屋はファーストフードだしと期待はしていなかったのですが、子供連れで行ったのですが、何も言わなくてもすぐにお子様椅子を持ってきて下さり設置してくれましたし、少し水が出てくるのが遅かったのですがその時は大変丁寧に申し訳ございませんでしたとの言葉があり、皆さん感じの良い店員さんでした。

私は期間限定メニュー出ていたスパイスカレー THE ローストチキンを注文しました。
ご飯の量は150グラムで2辛をチョイスし、これで952円です。

普通のカレーの辛さではなく、スパイスがきいたピリッとした辛さでローストチキンとの相性が抜群でした。
2辛でしたが、辛いもの好きの私にはちょうど良かったです。

もっと辛くしたい人のためにスパイスが別添えでついてきました。
野菜もたっぷり入っていますし、添えられている福神漬けで辛さがマイルドになって美味しくて、本格的な味わいのカレーでした。

めんどや、奈良県高市郡明日香村にある飛鳥鍋のお店

店名:めんどや
住所:奈良県高市郡明日香村岡40
電話:0744-54-2055

歴史好きな人であれば、明日香村を知っている人もいると思います。
ドラマのロケ地になったり、奈良県では有名な場所です。

そんな奈良のご当地鍋に飛鳥鍋があります。
飛鳥時代に唐から来た僧が、寒さをしのぐために食べたのが始まりといわれています。

そんな飛鳥鍋が、めんどやで食べることができます。

めんどやでは、素材にもこだわりがあります。
化学調味料などは、一切使いません。

めんどやは、水も井戸水を使用し、使う野菜も有機野菜。
旬の野菜と地鶏を使っています。

めんどやの鍋のスープですが、かなりクリーミーです。
和食でクリーミーなスープというのは珍しいのではないでしょうか。
クリームシチューのような感じなんですが、やはり和食の味がします。

飛鳥鍋のコース料理はお一人様3,675円になります。
柿の葉寿司にごま豆腐、漬物、フルーツとわらび餅が付きます。

飛鳥鍋を食べるときは、予約制なので注意してください。
メニューも手書きで、自然体にこだわっている気がしました。
体に良い料理を提供していただけます。

古き良き日本を感じたいならば京都も良いですが、奈良も良いと思います。
その際は、めんどやで食事をしましょう。

鯛めし 八十八商店 ラシック店、愛知県名古屋市中区栄にある和食料理店

私がおすすめする和食料理店として、八十八商店をご紹介します。

店名:鯛めし 八十八商店 ラシック店
住所:愛知県名古屋市中区栄3-6-1 ラシック7階
電話:052-259-6106

八十八商店は、海鮮料理をメインとしたお店ですが、特にメインとしているものは鯛めしであり、塩味がきいた「塩鯛めし」、生卵を生の鯛にかき混ぜて食べる「宇和島鯛めし」、醤油味がしっかり味付けされた「元祖鯛めし」の3種類を主力としています。

これらの鯛めしをメインにした定食メニューとして、鯛めしセット(税込1,652円)が人気メニューです。

また、この鯛めしセットに含まれている料理一品は、3種類の鯛めしからいずれかお好みのものを選び、天ぷら・ローストビーフ・唐揚げなどいくつかの種類からもお好みの一品を選ぶという、組み合わせも自由度の高いものとなっております。

八十八商店は、鯛めしをメインとしたお店でありますが、カキフライ・エビフライなどの定食メニューもあるので、鯛めし以外でも利用しやすい定食メニューが豊富です。

八十八商店の店内は綺麗で、スタッフの方々も対応が良く、細かい所も行き届いております。

なお、八十八商店の営業時間は、ラシックの営業時間に合わせて、11:00~23:00(ラストオーダー:22:00)となっているため、ランチタイム、ディナータイムともに利用できるのも魅力です。

シーフードリパブリック梅田、大阪駅直結のシンガポール料理店

店名:シーフードリパブリック梅田
住所:大阪市北区梅田3-1-1
電話:050ー52892777

大阪市北区のJR大阪駅に直結・隣接している大阪・大丸梅田店の14階レストランフロアに展開するシンガポール料理専門店「シンガポール・シーフードリパブリック大丸梅田」は、大丸梅田アクティー大阪内にあり、シンガポール料理の専門店でバイキングも行っています。

立地条件も都心のど真ん中でJR大阪駅をはじめ、阪神電車・梅田駅、大阪メトロ・御堂筋線・梅田駅、谷町線・東梅田駅・四つ橋線・西梅田駅、JR東西線・北新地駅、京阪電車・淀屋橋駅等、西日本随一の交通アクセス網を誇っております。

シーフードリパブリックのメニューとしては、飲み放題コースが8000円、チリクラスランチコースが3560円、パブリックコースが10440円、その他、おひとりさまのコースもご用意されているようです。

料理も、香草ハーバルサラダ1400円、魚肉を包んだ伝統料理のオタオタが970円、海老チリソース風のサルバルプラウンが1970円、アワビのオイスター煮込みが4860円、フカヒレの煮込みが、6910円、オムレツにかきをのせたチリソース風のオイスターオムレツ1510円、チェイニーズレタスクリスピーチオイル(干しエビに唐辛子のソースを加えた料理)が、970円、シーフードフライドライス(ジャスミンライスを炒めた料理)1350円等があります。

シーフードリパブリックお勧めは、ほぼすべてお勧めですが、中でも、値段は高いですがアワビのオイスター煮込みは大きなアワビ単品ですが本格的な風味っと触感が楽しめます。
接客は都会ならではの忙しい動きが目立ちますが、コースを選べば後はゆっくり自分たちの時間をすごせます。

シーフードリパブリック店内からは、夜になると大阪の巨大ビル群とビジネス街や高級感覚なホテルの夜景が窓から見渡されとてもきれいな景観をお料理と一緒に楽しめます。
関西の京都・神戸・大阪観光でお財布に余裕のある人は、豪華なひと時を味わうことが出来ることでしょう。

那覇市牧志、野の葡萄 沖縄CARGOES店は野菜が豊富なビュッフェ

店名:野の葡萄 沖縄CAROES店
住所:沖縄県那覇市安里2-1-1 さいおんスクエア ダイワロイネットホテル那覇国際通り 1F
電話:098-860-8233

野の葡萄は、日本各地にあるビュッフェスタイルのレストランです。
店舗のある地域の食材を使って、その地域の料理が並んでいます。
地産地消に力を入れているって、とてもいいと思います。

野の葡萄 沖縄CAROES店は、ダイワロイネットホテルの1Fにあって、ホテル宿泊すると朝食の会場です。
ランチ以降は宿泊していなくても利用できます。

沖縄の天ぷらやゴーヤーチャンプルー、ゆしどうふもありますし、
クーブイリチーといった昆布と豚肉の炒り煮なんていうのもあります。

一般的な炊き込みご飯やうどんもあります。
サラダの野菜が豊富です。ビュッフェは、お店によってはごちゃごちゃしたり、乱雑に扱われたりしますが、ここはいつもスタッフがきれいにしているので、気持ちいいです。

野の葡萄スタッフの動きがいいのがとてもいいです。
デザートは種類が豊富で、デザートだけ食べてもいいくらいです。
ソフトクリーム、ケーキ、ワッフル、ぜんざいなどなど。

野の葡萄は、牧志駅から直結しているので、利用しやすく駐車場も屋内なので、ハンドルが熱くならなくていいです。