カフェファイブ、一宮市浅野一本杉にある開放感があって過ごしやすいカフェ

店名:カフェファイブ
住所:愛知県一宮市浅野一本杉58
電話:0586-76-1103

カフェファイブの場所は、一宮市を通っているR155沿いにあるもので、周辺には飲食店が隣り合っているようなところですが、どことなく田園もあったりするところです。

駐車場はかなり広い感じで止めやすいですし、カフェファイブはお店の感じも道路側に向かって大きな窓が取り付けられているだけですので、開放感ががあり広々としている感じがあります。

2人掛けテーブル席に朝の時間帯に座ってみたのですが、なかなか悪くない雰囲気。
この日は、ブレンドコーヒー380円に8種類から選べるモーニングから、モーニングはハムトーストサンド、茹で卵、ポテトサラダ、コーンスープがついてくるものを選んでみました。

カフェファイブのハムトーストはくどくなく、朝からさっぱりと食べられる感じが良いです。
コーンスープが、甘くてコクがあってこの日の朝食の中では一番良かったところです。
どんどん食べ進められるところがよかったと思います。

ランチメニューやアフタヌーンのメニューも朝食を食べながら見ていましたが、こちらもおいしそうな感じだったのでまた再度訪れてみたいなという感じでした。
カフェファイブは、接客もいいですし、過ごしやすかったです。

スターバックスコーヒー 郡山安積店は、ドライブスルーも便利

店名:スターバックスコーヒー 郡山安積店
住所:963-0111 福島県 郡山市 安積町荒井南千保8-2
電話:024-937-1855

数年前に出来た、福島県でも比較的新しいスターバックスコーヒーです。
交通量の多い、大きな通り沿いにあるこちらの店舗は、ドライブスルーが付いているので、車でも利用しやすい使い勝手の良い店舗になります。

また、スターバックスコーヒーは店舗内もリラックスした雰囲気で、ゆっくりとコーヒーを楽しめます。

おすすめのメニューは、やはりドリップコーヒーです。
定番だけにコーヒーの美味しさが楽しめます。

苦味と深みのある濃いコーヒーは、やはりスターバックスコーヒーならではの美味しさです。
ずっしりとして飲んだ気がする一品でおすすめです。

価格は大きさによって変わってきます。
Shortは290円、Tallは330円、Grandは370円、Ventiは410円となっています。
アイスとホットを好みに合わせて選べるのも良いです。

スターバックスコーヒーの接客については、オーダーも手早く取って、商品の準備もとても早いので良いと思います。

会計とほぼ同時にコーヒーや商品を出してくれるので、スムーズに購入することが出来ます。
スターバックスコーヒー店員さんもテキパキと動いていて良かったです。

ジェリカフェ、新潟市西区の海沿いにあるオシャレカフェ

店名:ジェリ カフェ(Jeli cafe)
住所:新潟県新潟市西区松海が丘4-5-3
電話:025-265-1557

ジェリ カフェは、新潟市西区の小針浜の目の前にあるカフェです。

駐車場も用意されているので、車で行っても心配ありません。

ジェリ カフェ入り口のカラフルな水色の扉を開けると、おとぎ話に出てくるような可愛らしい空間が広がります。

テーブルやイスを始め、小物も全て世界観が統一されていて、女子の好きなものが詰めこまれたキュートさです。
ついつい、あちこちの写真を撮りたくなることでしょう。

ジェリ カフェの看板メニューは、フルーツサンドです。

ふわふわのパンに生クリームがたっぷりと入っていて、フルーツとの相性が抜群です。
甘いものが好きな方にはたまらない料理だと思います。

フルーツサンドは、2ピース+ヨーグルトとドリンクがついて1000円でした。

また、パフェもジェリ カフェ人気メニューの一つです。
カラフルで可愛らしい見た目はSNS映え抜群で、誰かに自慢したくなることでしょう。

他、甘いものが得意でない方でも、各種トーストメニューが充実しています。
ボリュームがあるので、何人かでいくつかのメニューをシェアして食べるのもオススメです。

ジェリ カフェは、内装も料理もとにかく可愛い、海沿いのカフェです。

ロクメイコーヒー ROKUMEI COFFEE TOMIO ROASTERY、奈良で楽しむ日本一のコーヒー店

奈良でスペシャリティコーヒを専門に扱うカフェが、ロクメイコーヒーです。
なんと言ってもこのカフェの最大の魅力は、日本一の焙煎技術を決めるジャパンロースティングチャンピオンシップ2018で優勝したオーナーがこだわりぬき、自家焙煎したスペシャルティーコーヒーを飲めるということです。

コーヒーの豆は季節によって変わりますが、約15種類から18種類の中から好きなものを選び、ハンドドリップやエスプレッソなど自分の好みの抽出方法でコーヒーを淹れてくれます。

ロクメイコーヒーは注文してから豆を挽き、バリスタさんが一杯づつ丁寧に淹れてくれるコーヒーは、香りか格段に高く、その中でも、コーヒーの苦み・コク・酸味のバランスが良い「ROKUMEIブレンド」が1番のオススメです。

ロクメイコーヒーの価格はブレンドコーヒー1杯550円、シングルオリジンコーヒーは1杯550円からで、産地によって価格が異なる場合があります。
コーヒー豆の種類が多いので、どれがいいか産地を見ただけでは分からないという時でも、店員さんが親切に好みを聞いてくれ、自分の好みに合わせたコーヒーを試飲をさせてくれます。

なので、注文してから好みじゃなかったという失敗はありません。
また、コーヒー以外にも、自家焙煎コーヒーを使ったコーヒー羊羹や、コーヒークッキーなどのスイーツも楽しめます。

店名:ロクメイコーヒー ROKUMEI COFFEE TOMIO ROASTERY
住所:奈良県奈良市 三碓7丁目29-1
電話:0742-93-5544

アルモリック、クレープやガレットが楽しめる鎌倉の隠れ家的カフェ

アルモリックは、鎌倉駅から10分程度歩いたところにあるカフェです。
鎌倉の観光地からは少し離れた住宅街の中にあるので少しわかりにくいですが、お店の前にはフランス国旗がたっているので、それが目印になります。

場所のせいか、休日で観光地が混雑しているときでも、アルモリックは比較的すいています。
お客さんは観光客もいますが、周辺の住民の人が多いようです。
アルモリックは、席数はかなり少ないですが、アットホームな雰囲気のお店です。

アルモリックのメニューは、ガレットやクレープが中心で、種類もかなり豊富で目移りしてしまいます。
クレープもガレットも焼きたてなので、香りがとてもよく食欲をそそります。

また、ガレットと相性の良いシードルも飲むことができます。
シードルはボウルで540円と手ごろな値段です。

数人で飲むときは、ビンでの提供もしています。
グラスではなく、ボウルで提供されるのもフランス風で雰囲気があります。

また、レジ横のカウンターには、ずらっとフランス菓子が大きなビンに入って並んでいます。
一つ100円~200円くらいで販売されているので、お土産にすると喜ばれそうです。

アルモリックは、お食事系のガレットから甘いクレープまでいろいろとあるので、食事でもお茶でもどちらでも対応できるオシャレなカフェです。

店名:アルモリック
住所:神奈川県鎌倉市大町2-2-34-1
電話:0467-22-7186

24/7 café apartment、名古屋駅すぐそばにある人気カフェ

店名:24/7 café apartment
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1JPタワー名古屋二階
電話:052-433-1748

お昼にランチを食べようと思い、名古屋駅近くのこの人気店に行きました。

24/7 café apartmentは、一汁三菜をテーマにした和食のカフェで、三菜どころか盛りだくさんの種類のおかずがおぼんの上に載ってきました。
おかずは数種類を選ぶことができて、季節のおすすめメニューなどもありました。

24/7 café apartmentのごはんは、黒っぽい色をした玄米で、食べたことのないしっかりっした食感で、きちんと噛みしめて食べるごはんです。
ごはんにも塩だろう味がついていて、ごはんだけたべても美味しかったです。

24/7 café apartmentは、おかずも一品一品しっかりっとした味付けでどれも美味でした。
エビマヨらしきものを頂きましたが、ぷりぷりでした。
あとは、夏らしいゴーヤのお浸し、舞茸の天ぷらも美味しかったです。

お昼は混みあうようで、私が24/7 café apartmentを出る12時半ぐらいには、すでに行列ができていました。
早い時間に入店するから遅くにするか、時間をずらしてもいいかもしれません。

お料理のおぼんの上には、小さめの急須に入った、優しい風味のお茶も載っていました。
食後にこのお茶、とても落ち着きました。

和食が手軽に美味しく頂けるので、また行きたい、と思います。

ジュラク beauty&café JURAKU、鯖江市にあるインスタ映え間違いなしのカフェ

店名:ジュラク beauty&café JURAKU
住所:〒916-0038 福井県鯖江市下河端町4-6-1
電話:0778-52-8300

●カフェのこだわり満足ランチ 980円+税
地元野菜をふんだんに使用し、果物にミニドリンクもついてこの値段はお手頃。

メインは2ヶ月に一度変わり、和洋中様々なジャンルで飽きのこないメニュー展開になっている。
お米は十五穀米を使用し、大盛りも可能(+100円)

●大人のお子様ランチプレート 1250円+税
・ビーフ100%のジューシーハンバーグにきのことトマトソース
・濃厚なカニクリームコロッケ
・きせつの野菜のチーズ焼き
・ベジタブルライス
・アイスのコーンがインパクトのあるかぼちゃのポテトサラダ

その他にもタコちゃんウインナーや果物など、盛りだくさんのプレートになっている。

子供だけでなく、大人もワクワクするようなメニューである。
インスタ映え間違いなし。

●平日限定美活プレート 1350円+税
栄養士スタッフが季節の野菜や果物を使って、栄養バランスを整えたランチプレートになっている。
メニュー表には、季節ごとに不足する栄養価を補えてることを表すグラフも掲載されている。

3ヶ月に一回内容もかわり、限定のランチの中でもボリュームが満点である。
身体を温めてくれるスープがついているのも嬉しい。

●黒糖タピオカ 650円+税
福井では珍しい黒糖タピオカを提供している。
地元のテレビでも取り上げられたことで有名になった。
黒糖で丁寧に煮詰めたアツアツのタピオカに、冷たいドリンクを注いだ新感覚なタピオカになっている。

・黒糖タピオカミルクティ
・黒糖タピオカ抹茶ラテ
・黒糖タピオカほうじ茶ラテ

現在は3種類になっているが、新しいフレーバーもこれから増やしていく様子。
土日になると昼過ぎには完売になることが多いため、ランチタイムには注文しに行くことをお勧めします。
タピオカの予約はできないようです。

ジュラク接客

店員さんの対応は若いスタッフが多いが、メニューの説明や、席までの案内を丁寧にしてもらえた。
特に子供連れのお客様に対しては、奥にある座敷をお勧めしてあげたり、快適に過ごせるように工夫してある。

ジュラク施設

座敷は子供連れでなくても、希望すれば通してもらえる。
カフェの他にも美容室、デイサービス、陶板浴もあり、地元に密着した施設である。

美容室帰りにカフェで食事をし、陶板浴を利用して帰るお客様や、デイサービスの利用者さんもカフェで食事をしている方もいるようだ。

ジュラクその他メニュー

今回紹介したメニューの他にも、ジャーパフェや、チョコレートフォンデュ、季節ごとのづくしパフェなどのデザート。

茶そばや、BLTサンド、彩り野菜のカポナータなどのランチ。
このように和洋中様々なジャンルがあり、老若男女に親しめるカフェになっている。