一蘭 小倉店、北九州にある味が逸品で人気のラーメン店!

福岡県北九州市の玄関口、小倉駅の近くにある「一蘭 小倉店」というラーメン屋さんがオススメです。

味の紹介の前にまず店内構造やシステムの紹介から。

一蘭の店内に入ってみるとまず圧倒されるのが、その独特の構造と雰囲気です。
お店の中は全席がカウンター席で、隣席との間には仕切板、目の前にある店員さんの作業エリアとの間には暖簾が深々とかかっています。

一蘭の注文は、出入り口にある券売機で切符を買い、それを座った席の机の前の方に置き、上にある赤い注文ボタンを押します。
すると丁寧な言葉遣いで感じの良い雰囲気が伝わる店員さんが来てくれ、切符に書かれてある注文の品を見ます。

その際には味の濃さや秘伝のタレ、ネギの量などを調整できる用紙を一緒も提出すれば、自分好みの味にした上で美味しい一杯を注文することが可能です。
どうしてこういう構造になっているのかといえば、来客した一人一人のお客さんに提供する豚骨ラーメンをじっくりと集中しながら味わえるようにするコンセプトだからです。

そして机のわきには天然水を使っているとされる水道の蛇口があり、美味しいラーメンが来るまでの間、無料で何杯でも喉を潤すことができます。

目の前の暖簾には一蘭で提供するこだわりの豚骨ラーメンについての美味しそうな魅力的な文章が載っていて、それを読んでいるだけでも美味しい気分になります。
ここがまず一蘭の売りです。

私も外食するときはじっくり味わいタイプなので、こういう店内構造になっているのは魅力的だと思いました。
ただ店員さんの顔が見えないことを残念に思う人は向いていないでしょう。

次に紹介するのは、肝心の一蘭の豚骨ラーメンの味です。

一言でいうと、「とても美味しい」です。
豚骨の濃厚な旨味に一蘭特製、秘伝のタレとのマッチング、濃厚ながらまろやかな食べやすさも両立した、至極の逸品です。

チャーシューも柔らかく味が染み込んでいて、それとともに質の良さが実感できる、繊細ながらも食べ応えが抜群な麺を使っています。
スープの最後の一滴を飲み干す頃には、きっと至福の満足感を得られているでしょう。

こうした表現を使うのは大げさでも何でもなく、「本当に美味しい」からです。
メニューは3種類しかなく、どれも豚骨一本で勝負しているメニューであり、豚骨ラーメン好きにはたまらないお店です。

一蘭の価格は、どの豚骨ラーメンメニューも800円以上はしますが、値段に見合った満足感を味わえるため、ぜひオススメしたいお店です。

店名:一蘭 小倉店(いちらん こくらてん)
住所:〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区魚町1丁目3番23号
電話:093-531-0455

麺や すずらん亭、広島市随一のヨーロッパ風の汁なし担々麺屋

すずらん亭でお勧めなのは『汁なし担々麺』です。
内容としては、麺は細麺で、麺の上に肉味噌や豆板醤ベースのたれ、中国産の山椒と温玉が乗っていて、ピリッとして少し辛めなのですが、癖になる美味しさです。

最初運ばれる時はすべて乗っかっているだけなのですが、混ぜてなじませて食べる感じで温玉はとろっとした黄身が辛さをまろやかにしてくれます。

価格は580円です。
ちなみに、すずらん亭では食券を買って渡す方式になります。

すずらん亭その他のメニューとしては『すずらんラーメン』や『冷やしトマト坦々つけ麺』や『坦々涼麺』など普段のメニューのものと季節限定のメニューがあるようですが、圧倒的に『汁なし担々麺』を頼まれている方が多かったです。

接客は私が行ったときは2人調理をされる方がいて、カウンター越しに直接料理を渡される感じでした。
すずらん亭の接客態度は特に悪くもなく、良くもなく普通な感じでした。

ちなみに調理をされる方は、洋食のシェフの方のようで、ボロネーゼ風の担々麺になっているようです。
食べる場所としてはカウンター席が13席あり、駐車場や駐輪場スペースはないので徒歩で行くのがお勧めです。

店名:麺や すずらん亭
住所:広島県広島市中区本通3-1 2F
電話:082-545-6904

うずら屋、長野市戸隠で有名なお蕎麦屋さん

新潟のへぎそばも美味しいけれど、日本津々浦々、美味しいお蕎麦屋さんはあるものです。
ずっと気になっていたのが、長野市戸隠にある「うずら屋」。

うずら屋は、噂ではかなり混雑すると聞いていたので、行くのをためらっていましたが、早く着くようにすればいいかなと思い、行くことにしました。

早めに出発したのですが、既にお店の前には数名の行列ができていました。
さすが、うずら屋は人気店だけあります。

並んで何時間も待ってまで食べなくてもいいと思うタイプなのですが、今日はどうしても噂の蕎麦が食べたいと、長時間でも待つ覚悟を決めていました。

予約用紙に名前を記入し、待つこと約1時間。
途中で帰ろうか・・・と弱気になりましたが、頑張りました。

ようやく案内していただき、2階席へ。
うずら屋のお店の方は、とても優しく、感じがよいです。

大盛りざるそば(1,050円)とマイタケの天ぷらを注文。
生のわさびをすりおろしながら待つのも楽しいです。
香りがよく辛いけれど、なんとなく甘みも感じられます。

ざるそばというと、そばの香りがほんのり、こしがあり、美味しい!
マイタケの天ぷらも熱々、さくさくと音がするくらいで、
マイタケってこんなに美味しいんだ・・・と感動。

待ち時間はありましたが、うずら屋は待つ価値のあるお店です。

店名:うずら屋
住所:長野県長野市戸隠3229
電話:026-254-2219

我孫子駅名物、巨大なから揚げが食べられる駅そば、弥生軒。

店名:弥生軒
住所:千葉県我孫子市本町2-4-3 JR常磐線我孫子駅改札内ホーム上
電話:04-7182-1239

弥生軒オススメ料理はなんといっても名物の巨大から揚げの載った、から揚げそば(1個のせ 400円)(2個のせ 540円)(好みでそばかうどんが選べる)です。
から揚げの大きさは、成人男性の握りこぶしほどあります。

味も申し分なく、とってもジューシーで食べ応えがあります。
ボリューム満点で、おなかいっぱいになる大満足のおいしいそばです。

なお、から揚げは持ち帰ることも出来るので、お家で通常のおかずとして味わうこともできます。
もちろん、弥生軒は、から揚げそば以外にも、かきあげそばやきつねそばなどの定番メニューも楽しめます。

夕方の帰宅ラッシュの時間帯には、弥生軒の店内から人があふれるほどの盛況振りです。
ちなみに裸の大将で有名な画家の山下清さんが、若い頃に弥生軒で働いていたこともあるそうです。

我孫子駅のホーム上に店舗がありますので店内は狭く、グループの人には向きません。
サッと食べてサッと出るを心がけたほうが良いでしょう。

また弥生軒は食券制ですので、あらかじめお財布を用意しておくといいでしょう。
立ち食いなのでゆっくりそばを楽しもうとするとがっかりかもしれません。
接客はとても明るい印象でした。

大阪市中之島の世界一暇なラーメン屋に、ぜひ一度は来店を

このお店の基本情報は、

店名:世界一暇なラーメン屋
住所:〒530-6116、大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2階
電話:06-6449-2722

です。
店名は「世界一暇なラーメン屋」ですが、店名と違って常に行列が出来ている人気のラーメン屋さんです。

ビル内にあるお店で、順番待ちのスペースも屋内なので、天候を気にせず訪れることが出来ます。
世界一暇なラーメン屋の店内は、ラーメン屋というより、ラーメンが食べられるお洒落なレストランといった雰囲気で女性一人でも来店しやすい気がします。

レアチャーシューに醤油ベースのラーメンが色々ありますが、初めての方には「WITCHI’S RED」いうラーメンがお勧めです。
貝の旨味がベースの醤油とバランス良く混ざった味がとても美味しいです。

他にもコクのしっかりきいた濃いめの醤油ラーメン「KUROFUNE」や、あっさりすっきりした味にまとまった「CAPTAIN GOLD」も試してみると良いと思います。
ニンニクなしの餃子もラーメンとセットでお勧めです。
価格は上述の三種類のラーメンは800円で、豚丼や餃子などのサイドメニューは300円前後です。

店員さんは黒いブラウスに黒ズボンという黒でまとまったコーディネートで、接客も丁寧です。
そういう点も、世界一暇なラーメン屋がラーメン屋っぽくない雰囲気である原因の一つだと思います。

また、ビールも何種類も扱っていて、それぞれのビールと相性の良いラーメンもメニューに記載されています。

木曽路19号沿いのうまい蕎麦、くるまや国道店。

店名:くるまや国道店
住所:長野県木曽郡木曽町新開福4950
電話:0264223183

国道19号線の岐阜中津川と長野松本のあいだ。
中央道を中津川でおりて、馬篭妻籠など、木曽路の宿場町をたどると、山奥の木曽川の狭すぎる木曽谷が、木曽福島。

アルプスの高峰に挟まれた、古道のある古い宿場町。
さらに北へ走ると奈良井を経て塩尻から松本、安曇野へと続く。
冬期は電車も通れない豪雪地帯だが、生活道路の19号は除雪され走れる。

くるまや国道店は、木曽警察署わきにひっそりとある。

くるまや国道店に入ると、まず、その、有名人のサイン色紙の多さに驚く。
懐かしい選手、名優の直筆に、しばし、目は釘付け。

メニューはそう、多くないが、さらに20km山手へ分岐して登ると開田高原の木曽御岳山。
蕎麦はもう、言葉もなく食べてしまいおかわりがほしくなる。

しかし、お勧めなお昼のランチメニューかき揚げ弁当などのかき揚げをはじめ、天ぷらなどつけると、でっかい揚げ物に、満腹。登山の帰りも、歩き回る木曽福島観光のあいまも、長いドライブのなかでも、大満足のボリューム。

うまくて安い、本物の蕎麦。

川面近くに急な坂道を下ると、木曽福島市街にも人気のくるまやがあり、蕎麦は朝うったぶんが、売り切れごめん。
よく、開田高原の蕎麦屋は個人手打ちだと昼過ぎには売り切れ閉店しているが、くるまやは、わりと夕方までは食べられる。

龍の家ワシントン通り店、熊本市のとんこつラーメン店。

龍の家 ワシントン通り店は、おすすめのラーメン屋さんです。
いつ行っても元気よく挨拶してくれて店員さんは皆さん感じが良いです。
落ち込んでいる時や疲れている時は、ここの店員さんの笑顔から元気をもらえます。

龍の家さんはチェーン店ですが、私が行くのは熊本市内の街中にあるワシントン通り店です。
場所も中心部にあるので、外国人観光客の方の利用もあるようです。

ここのラーメンは、九州なので、もちろん「とんこつ」ベースです。
私はいつも、純味ラーメン(680円)をカタ麺でオーダーします。

龍の家さんは、「こく味」、「純味」、「熊本ラーメン」があります。
とんこつでこってり濃いので、女性なら「純味」で十分です。
熊本ラーメンは焦がしニンニクが入っていて、こちらも美味しいですが、私の定番は純味ラーメンです。

そして麺の固さが選べるのも、龍の家さんの魅力です。
ハリガネ、バリカタ、カタ、ふつう、やわ、ばりやわから選べますが、私はカタ麺でお願いしています。
提供時間も早く5分くらいですぐに提供されます。

純味ラーメンには、チャーシュー2枚、青ネギ、キクラゲが乗っていて、このチャーシューがとろけます。
ちなみに、テーブルに置いてあるもやしや高菜は勝手に取って食べ放題です。

一杯で大満足の龍の家ラーメンですが、お腹が空いているときは、ランチタイムに提供されるお得なセット(プラス200円)くらいで餃子とご飯も美味しいです。
ラーメン以外にも、手羽の照り揚げやプリンなどもおすすめなので、熊本に来た際はぜひおすすめです!

店名:ラーメン龍の家ワシントン通り店
住所:熊本県熊本市中央区下通2-3-8-1F
電話:096-355-8800