伊喜伊喜、下関市民の胃袋を満たすリーズナブルなバイキング

伊喜伊喜は、JR下関駅すぐにある下関大丸7階にあるバイキングレストランです。
この伊喜伊喜のシステムがすごいのは、ランチタイム、ディナータイム、平日休日関係なく一律1500円という価格です。
これにはソフトドリンクのドリンクバーも付いていますので、この時点でかなりコスパがいいと言えます。

伊喜伊喜は、さらに+980円で150gのステーキが追加されます。
また、飲み放題をつけても2時間で3100円という驚異の価格になっています。

伊喜伊喜は料理の種類も豊富で、和食、中華、洋食がまんべんなく網羅されているだけでなく、平日限定でバイキングには珍しい貝汁があったりするのです。
味付けはどの料理も丁寧な味付けで、大人も子供も食べやすい味になっています。

プラスしてキッズ向けの小さめの唐揚げやハンバーグなど用意してくれていますので、伊喜伊喜はお子さん連れでも安心です。
バイキング方式なので接客はあまりないのですが、料理がなくなっていると素早く補充してくれます。

このあたりの手際の良さはさすが、デパート内のレストランと言えますね。
伊喜伊喜は、ランチのピーク時は行列になりますので、時間に余裕を持って出かけたいところです。

店名:伊喜伊喜
住所:山口県下関市竹崎町4-4-10 下関大丸 7F
電話:083-233-3333

新宿割烹 中嶋、新宿でおいしく手軽に鰯料理

店名:新宿割烹 中嶋
住所:東京都新宿区新宿3-32-5 日原ビル B1F
電話:03-3356-4534

新宿でおいしい鰯料理が食べられるお店「新宿割烹 中嶋」を紹介します。

この中嶋のポイントは、ランチで食べられる鰯の定食です。
こちらの中嶋は、過去にミシュラン一つ星も獲得されている世間的にも認められたお店です。
そんなお店の料理をランチでは1000円未満で食べることができます。

中嶋は鰯の専門店ということで、ランチメニューも鰯を使った料理で、鰯の刺身定食やフライ定食、柳川風定食といったものを食べることができます。
いろいろな種類を食べたい方はランチにプラスして、刺身の追加やフライの追加といった単品での追加も可能です。

中嶋は店の雰囲気も非常によく、落ち着いて料理を味わうことができます。
カウンター席では、職人さんが料理を作る姿も見ることができるので、楽しみのポイントの一つです。
混んでいるときでも料理がでてくるスピードは気にならない程度のスピードででてくるので、安心して料理を待つこともできます。

ランチで訪れることをお勧めしますが、中嶋はディナータイムもお店は開いていますので利用可能です。
落ち着いた雰囲気ですので、接待や大事なお食事に利用しても申し分ないお店ですので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

明朗会計の中洲の屋台、峰ちゃんの名物はテール出汁のおでん

店名:峰ちゃん
住所:福岡県福岡市中央区西中洲1
電話:なし

峰ちゃんは、中洲の春吉橋の袂に建つ中洲の雰囲気を味わえるいい屋台です。
赤いのれんが目印。

一昔前まで、中洲の屋台はぼったくりが多いと言われていたし、実際そういう屋台も少なくなかったのですが、条例が見直されクリーンに改善されました。
きちんと暖簾にメニュー表(料金表)がある屋台ばかりで、安心して入れるようになりました。

中洲ならではで、屋台の呼び込みは多いのですね。
繁華街の客引きとは違い怪しいことはないのですが個人的に客引きをするお店はちょっと・・・

峰ちゃんは、そういうことをしていなかったので入ってみました。
峰ちゃんでぜひおすすめしたいのが、おでん(一つ200円、テールのみ500円)牛テールでお出汁をとっているのだそうです。

テール好きにとってはたまらないおでん!
テールもすじもとろとろに煮込まれていて、この日は寒い日だったのですが、あったまる~!

お出汁も最高!
これに麺かご飯入れて煮込みたい!
福岡ならではの餃子天もおすすめしたい逸品です。

練り物の中に餃子が隠れていてこれがまた美味しいんですよ。
いわし団子も美味しかったです。

峰ちゃんには、残念なことにラーメンはないのですが、博多屋台の定番メニュー、タンステーキとさがりステーキ(各1700円)や豚足(300円)、串もの(すべて200円)などがあります。
外国人観光客も多いけど常連さんも多いのが峰ちゃんの特徴でしょうか。

グリル バッファロー、宮崎県都城市上町にあるお肉の美味しい店

店名:グリル バッファロー
住所:宮崎県都城市上町16-1
電話:0986-24-8085

西都城駅から徒歩で9分程のところに、ハンバーグやステーキ、チキン南蛮など、お肉の美味しい店、バッファローがあります。
駐車場はお店の目の前に数台と、道路を挟んで向かい側にも駐車スペースがあります。

バッファローの外観は、こじんまりとした、昔ながらの佇まいです。
店内の雰囲気は、ひと昔前の洋風レストランや、味のある喫茶店のような、懐かしい感じで、ゆっくり落ち着いて過ごせます。
テーブル席がいくつか配置されています。

バッファローは日替りランチなど、ランチメニューもあり、一皿でもボリュームがあります。
ハンバーグは、熱々の鉄板のプレートで、赤みが残っている状態で届き、自分で鉄板の熱を利用して食べられるので、好みの焼き加減の時に食べられます。

市役所が近く、バッファローは地元から長く愛されていますし、少し離れた町の方も、また食べたくなって寄っています。
月曜日は定休日で、他の曜日は11時から14時半までのランチの時間帯と、夕方17時半から21時までのディナーの時間帯に営業されています。

子供の頃、バッファローの店の方が目の前でハンバーグを切って、鉄板にジュワーっと押し当ててくれたことがあります。
その頃の自分には新鮮な体験で、記憶にずっと残っています。

東京・巣鴨で人気沸騰!かき氷工房 雪菓のふわふわ天然かき氷!

近頃、季節を問わずかき氷が人気になってきていますよね。
沢山の話題のお店がありますが、その中でも、天然氷のかき氷店として話題の「かき氷工房 雪菓」さんを紹介します!

店名: かき氷工房 雪菓
住所: 〒170-0002
東京都豊島区巣鴨3-37-6
電話: 03-5980-9891
営業時間: 火~日曜日 11:00~17:00

雪菓は、東京・巣鴨のとげぬき地蔵尊 高岩寺の裏にある小さなお店ですが、連日1時間超の列ができる人気店です。
お店のかき氷メニューはなんと10種類以上!
また、雪菓は季節ごとに限定メニューも登場します。

その中でも、雪菓おすすめは、「生いちごミルク」というかき氷です。
お値段は850円と、有名かき氷店にしては少しお安めです。

大きい器にこんもりと盛られた練乳味の白いかき氷の中に、フレッシュないちごシロップが盛大に入っています。
また、別添えでもいちごシロップが付いてきます。

ほんのり甘い、ふわふわの練乳氷の中から出てくる、濃いいちごシロップが染みた氷が甘酸っぱくじんわりと口の中に広がります。
別添えのシロップをかけることで、更に濃いいちごの味が楽しめます。

雪菓の店内は4人席、2人席のテーブルとカウンターがあり、所々に猫のぬいぐるみが置いてあったりと、アットホームな雰囲気です。
店員の方はおすすめのかき氷を教えてくれたり、グループでバラバラの席になったお客さんに、席が空いた時に同じテーブルに案内するなど、とっても優しくフレンドリーな方々でした。

天然氷で口当たりふわふわ、種類豊富なかき氷を楽しむなら、是非一度、「かき氷工房 雪菓」さんを訪れてみてください!

政潮、福岡県久留米市にある豚バラが絶品と噂の串焼き店

久留米市の幹部候補生学校付近にある赤い看板が目印の串焼き政潮。
政潮の豚バラが絶品で大きさが凄い!と噂を耳にして行ってみる事にしました。
早速、お店のドアを開けると…

政潮の店内に響くバイトさん(学生さんかな?)と店主さんのいらっしゃいませ!のとても元気な声。
お好きなお席にどうぞ!!と笑顔で言われ、カウンター席に座ってみました。

政潮の店内は、穏やかな雰囲気の大衆居酒屋で、カウンター席が8席程とテーブルが7席程ある広い座敷席。
テーブル席には、自衛隊の近くということもあり自衛隊の方が数名と家族連れの方や若い外仕事?のお兄さんなど色んな方々がいました。

そして、バイトさんはどのお客さんにも笑顔で受け答えしていて、テキパキと料理を運んだり、注文を受けたり、とても感じのいいお兄さんだという印象でした。
(そしてイケメンさんです。笑)

お飲み物は何になさいますか?と言われ、とりあえず生ビールを注文。
すぐに持ってきてくださって、まず衝撃。

ビールジョッキが凍ってる!!
真夏になったら、毎日飲みたいと思わせるようなキンキンに冷えたビール。
520円と金額は妥当だが、まず最初の1杯にこのキンキンに冷えたビールが出てきたら文句なし。

また飲んだときの爽快感と今日も1日頑張ったという達成感が、一気にこみ上げる感覚がまたたまらない。
そんなこんなでビールを飲みながら、政潮のメニューとにらめっこ。

串ものは、安いもので100円から高いもので350円。
1品ものは250円~800円。
政潮は、そんなに高いわけでもなく、どっちかと言えばリーズナブルな価格。

わたしは串ものを4本、1品ものを3品注文しました。
もちろんお目当ての豚バラは、忘れることなく1番初めに注文しました。

10分後くらいに噂の豚バラが登場。
本当にこれは豚バラ!?と思う程の肉厚さにまたまた衝撃。

縁日や他の居酒屋さんでは、まず目にすることのない分厚さ。
噂になるだけあるなと納得しながらも反面、脂ぎっとりで胃もたれするんじゃないかと思いおそるおそる1口。

全く脂っこくもないし、とてもジューシーで塩加減も絶妙。
これはお酒が進むし、これなら何本でもいけちゃう気がするくらい絶品!!

見た目のボリュームとこの味で150円。
リーズナブルと言うよりも安い。

その後も絶妙なタイミングで、次から次に注文していたメニューが運ばれてきました。
味はどれも美味しく、全てにおいてとにかくボリュームが凄い。

政潮で豚バラ以外に1つ例を挙げるとしたら唐揚げ。
大きい鶏肉の塊が4つにキャベツで500円。
これまた食べてみると口の中にジューシーな肉汁が弾けてまさに感動もの。

ちなみにわたしが頼んだメニューは、串ものが豚バラ、鶏身、砂ズリ、ダルム。
1品ものが唐揚げ、大根サラダ、最後のシメにカツ丼。

お会計の合計金額ですが、これだけの注文と生ビールを2杯、そして見た目のボリュームで3500円弱。
本当に計算間違いしてないよね?と疑いたくなるような金額でした。

人によっては、高いと感じる方も居るかもしれませんが味とボリュームを実際に感じていただければ納得していただけること間違いなし。
政潮は、接客態度、価格全てにおいてまた行きたいと思える素敵なお店です。

店名:串焼き政潮
住所:福岡県久留米市高良内町4389-5
電話:0942-45-3640

酒場やまと、板橋区の串揚げ・おでんを安く美味しく食べられるお店

店名:串揚げ・おでん 酒場やまと
住所:東京都板橋区富士見町11-18
電話:03-6905-7720

酒場やまとの最寄駅は、都営三田線の板橋本町駅。駅からはやや歩きますが、ガラス越しで店内の様子が見られるので初めて来る方でも入りやすいお店の作りになっています。
店内にはカウンター、テーブル席の他に、座敷の席があるため、子供連れでも行きやすいお店です。

友達と2人で酒場やまとに行った時に、2人かけの席に座ろうとしていたら、「こちらも空いているので良かったら広い席ご利用ください」と気を配っていただきました。
週末は混んでいますが、住宅街の中にあるからか、近所のかたが多かったです。

店名にもあるように、串揚げ・おでんの種類が豊富で、どちらも1つ100円からの低価格な値段設定になっています。
酒場やまとは安いのに、味もとても美味しいです。

また、串揚げ5本盛りが5本で500円なのですが、5本の中にはほたてや餅など単品で頼んだら120円以上するものも含まれているのでとてもお得です。
メイン料理の他にも、季節限定のメニューがあったりするので、たまに行くと新しいメニューがあるので、どんな季節限定のメニューが増えているのも、酒場やまとに行く一つの楽しみになっています。

お酒も生ビールが390円と安く、日本酒はその時期の旬の物を揃えているので、日本酒好きにはお勧めです。
ハイボールやサワー、ビールは、プラス100円でメガサイズに変更できるのですが、沢山お酒を飲む人には通常の2倍はあるメガサイズがオススメです。