エバーグリーン、世田谷区は千歳船橋にあるアジア料理屋

エバーグリーンは小田急線の千歳船橋駅から徒歩3分の場所にあるアジア料理店です。
駅から近い住宅街にあり、マンションの一階がお店になっています。
エバーグリーンの従業員は全て中東の外国人のため、一歩中に踏み入れると現地に足を運んでいるような感覚になります。

このエバーグリーンの魅力は、メニューの豊富さとお腹いっぱい食べられるところです。
アジア料理というより多国籍料理といっていいと思いますが、定番の生春巻やフォー、パッタイなどの、ベトナム、タイ料理の他に、インドカレーも種類が豊富でナンかライスが選べます。

他にも、ナシゴレンなどインドネシア料理もあれば、インドの包み焼きサモサ、ネパールの餃子モモと、幅広く、韓国のチヂミまであります。
アジア料理好きだけでなく中東料理好きにもたまらないお店です。

しかも、エバーグリーンは量も多く食べごたえがあります。
800円ほどの野菜炒めなどもお皿に山盛り乗ってきますので、主食のメニューに一品追加すると食べきれなくるほどです。

しかし、そんなときはお持ち帰りもできます。
エバーグリーンの店員さんにお願いすると食べ残しはケースに入れて持たせてくれるため頼み過ぎても安心です。
リーズナブルでお腹いっぱい食べられる良心的なお店です。

店名:エバーグリーン
住所:東京都世田谷区桜丘2-18-17
電話:0367512932

堺市の海鮮料理屋『阿波水産』が美味しくてリピーターです!

阿波水産は、何度か行っているお店ですが、とても美味しいです。
お店は夜は17時からですが、そのちょっと前に行くと並んでいました。
19時台に行くと、おそらく待ちますね。

阿波水産の店内に入ると「いらっしゃいませ~!」ととても元気の良い声で迎えられます。
メニュー表のデザインも味があり、いい感じです。

注文はメニュー表に書いてある番号を書いて店員さんに渡すことが出来ます。
お持ち帰りをする場合は食事を始める頃には注文しておくとスムーズです。

さて、阿波水産はさまざまな魚介料理の中で色々とお気に入りのメニューがあるのですが…まず、海鮮塩焼きそば(680円)は魚介の出汁が効いていて美味しいです。

塩づくし(850円)のにぎりも、ヒマラヤ塩でとても美味しいです。
貝づくし(980円)のにぎりも貝の大きさも満足で美味しかったなぁ。
あっさり海老天巻(380円)も家族がいつも頼んでいるのをもらいますが、美味しいです。

夕方早くから行くとまだ外は明るいのですが、注文した料理が届き食べ進めているといつの間にか暗くなっていて、ふと外を見ると阿波水産の屋根からつるされた提灯が目に映ります。
その光がこの食事の場を一層盛り上げてくれます。

店名:阿波水産 泉北店
住所:大阪府堺市南区小代360-1
電話:072-284-2020

伊勢市に古くからある料理旅館の川福

店名:川福
住所:三重県伊勢市辻久留2丁目10-2
電話:0596-28-7924

この三重県伊勢市に古くからある料理旅館の川福は、まず、そのうなぎ料理のおいしさで評判が良いお店であります。
私も何度か来店しましたが、とても柔らかくジューシーな焼き加減であると思います。

価格も手頃で、おいしいうなぎの割には、十分な価格であると思います。
駐車場も、最低12台は、停めることが出来るスペースを兼ね備えています。

そして、この川福さんは、旅館も営業していて、伊勢に旅行がてら、おいしい物を食べたい人には、本当に格好のお店であると言わざるをえません。
伊勢では、毎年、7月に宮川の花火大会があるのですが、この川福さんは、花火大会の現地からとても近い所に立地しているので、旅館の窓から花火大会を見物することが出来ると言う利点があります。

夏場には、本当に予約客で一杯であると言う話を耳にします。
伊勢で一泊する予定のある人には、是非、お薦めの川福さんであると思います。
それに、すべての部屋で、無線LANでインターネットが出来るようになっています。

店員の行動もてきぱきとしていて、とても気持ちよいものであります。
それに、親切で、分からない事は、何でも尋ねた方が良いと思います。

我孫子駅名物、巨大なから揚げが食べられる駅そば、弥生軒。

店名:弥生軒
住所:千葉県我孫子市本町2-4-3 JR常磐線我孫子駅改札内ホーム上
電話:04-7182-1239

弥生軒オススメ料理はなんといっても名物の巨大から揚げの載った、から揚げそば(1個のせ 400円)(2個のせ 540円)(好みでそばかうどんが選べる)です。
から揚げの大きさは、成人男性の握りこぶしほどあります。

味も申し分なく、とってもジューシーで食べ応えがあります。
ボリューム満点で、おなかいっぱいになる大満足のおいしいそばです。

なお、から揚げは持ち帰ることも出来るので、お家で通常のおかずとして味わうこともできます。
もちろん、弥生軒は、から揚げそば以外にも、かきあげそばやきつねそばなどの定番メニューも楽しめます。

夕方の帰宅ラッシュの時間帯には、弥生軒の店内から人があふれるほどの盛況振りです。
ちなみに裸の大将で有名な画家の山下清さんが、若い頃に弥生軒で働いていたこともあるそうです。

我孫子駅のホーム上に店舗がありますので店内は狭く、グループの人には向きません。
サッと食べてサッと出るを心がけたほうが良いでしょう。

また弥生軒は食券制ですので、あらかじめお財布を用意しておくといいでしょう。
立ち食いなのでゆっくりそばを楽しもうとするとがっかりかもしれません。
接客はとても明るい印象でした。

大阪市中之島の世界一暇なラーメン屋に、ぜひ一度は来店を

このお店の基本情報は、

店名:世界一暇なラーメン屋
住所:〒530-6116、大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2階
電話:06-6449-2722

です。
店名は「世界一暇なラーメン屋」ですが、店名と違って常に行列が出来ている人気のラーメン屋さんです。

ビル内にあるお店で、順番待ちのスペースも屋内なので、天候を気にせず訪れることが出来ます。
世界一暇なラーメン屋の店内は、ラーメン屋というより、ラーメンが食べられるお洒落なレストランといった雰囲気で女性一人でも来店しやすい気がします。

レアチャーシューに醤油ベースのラーメンが色々ありますが、初めての方には「WITCHI’S RED」いうラーメンがお勧めです。
貝の旨味がベースの醤油とバランス良く混ざった味がとても美味しいです。

他にもコクのしっかりきいた濃いめの醤油ラーメン「KUROFUNE」や、あっさりすっきりした味にまとまった「CAPTAIN GOLD」も試してみると良いと思います。
ニンニクなしの餃子もラーメンとセットでお勧めです。
価格は上述の三種類のラーメンは800円で、豚丼や餃子などのサイドメニューは300円前後です。

店員さんは黒いブラウスに黒ズボンという黒でまとまったコーディネートで、接客も丁寧です。
そういう点も、世界一暇なラーメン屋がラーメン屋っぽくない雰囲気である原因の一つだと思います。

また、ビールも何種類も扱っていて、それぞれのビールと相性の良いラーメンもメニューに記載されています。

木曽路19号沿いのうまい蕎麦、くるまや国道店。

店名:くるまや国道店
住所:長野県木曽郡木曽町新開福4950
電話:0264223183

国道19号線の岐阜中津川と長野松本のあいだ。
中央道を中津川でおりて、馬篭妻籠など、木曽路の宿場町をたどると、山奥の木曽川の狭すぎる木曽谷が、木曽福島。

アルプスの高峰に挟まれた、古道のある古い宿場町。
さらに北へ走ると奈良井を経て塩尻から松本、安曇野へと続く。
冬期は電車も通れない豪雪地帯だが、生活道路の19号は除雪され走れる。

くるまや国道店は、木曽警察署わきにひっそりとある。

くるまや国道店に入ると、まず、その、有名人のサイン色紙の多さに驚く。
懐かしい選手、名優の直筆に、しばし、目は釘付け。

メニューはそう、多くないが、さらに20km山手へ分岐して登ると開田高原の木曽御岳山。
蕎麦はもう、言葉もなく食べてしまいおかわりがほしくなる。

しかし、お勧めなお昼のランチメニューかき揚げ弁当などのかき揚げをはじめ、天ぷらなどつけると、でっかい揚げ物に、満腹。登山の帰りも、歩き回る木曽福島観光のあいまも、長いドライブのなかでも、大満足のボリューム。

うまくて安い、本物の蕎麦。

川面近くに急な坂道を下ると、木曽福島市街にも人気のくるまやがあり、蕎麦は朝うったぶんが、売り切れごめん。
よく、開田高原の蕎麦屋は個人手打ちだと昼過ぎには売り切れ閉店しているが、くるまやは、わりと夕方までは食べられる。

東京都中央区日本橋、つじ半の海鮮丼!

店名:つじ半
住所:東京都中央区日本橋3-1-15久栄ビル1階
電話:03-6262-0823

つじ半のメニューは海鮮丼のみで、まぐろのたたき・イカ・つぶ貝・エビ・数の子などの新鮮な魚介やがふんだんに使われています。
グレードが3種類あり、「松・竹・梅」とランクが上がっていくと、ウニやいくらが追加されていきます。

まぐろのたたきがベースとなっており、とろとろとした食感にイカやつぶ貝のコリコリ感、きゅうりのシャキシャキ感が絶妙に良いです。

始めは海鮮丼が出る前に、鯛のお刺身が出ます。
絡めてあるゴマダレで頂きますが、この鯛のお刺身は一切れほど残しておきます。
最後に食べ終わったお茶碗を板前さんに声をかけて渡すと、出汁茶漬けを頂けるので、そこに鯛の刺身の残りを入れて、鯛茶漬けにして美味しく頂けるのです。

つじ半の店内はカウンター席のみで、10席ほどです。
常に店の外に人が並んでいて、1~2時間ほど待ちます。

途中で売り切れになってしまうこともあります。
お店の前にお茶のセットが置いてあるので、それを頂きながら待ちました。

メニューは海鮮丼のみですし、子どももいないので、回転は早いです。
待っていた甲斐があると思えるほど美味しいので、つじ半は何度も行ってしまうほど美味しいです。
つじ半、ぜひ行ってみて下さい。