西新井大師にある名物の美味しい草団子を販売している清水屋と中田屋

私が住んでいる東京都足立区にある西新井大師は、関東厄除け三大大師の1つであり、その山門前に、人気の美味しい草団子のお店、清水屋と中田屋があります。

参道を挟んで向かい合っている清水屋と中田屋の前を通ると試食を勧められ、お茶も出してくれます。 
お参りしたあと、草団子の試食とお茶のおもてなしを受けると、ささやかな幸せを運んでくれたような嬉しい気分になるでしょう。

美味しい草団子を試食すると、家族にも食べさせたい、家族と一緒に食べたい気持ちにもなり、多くの方がお土産に買って帰っています。 
特に毎月8日の薬師如来の御縁日、21日の弘法大師さまの御縁日などの行事があると、清水屋と中田屋の周囲に行列ができるほどの大混雑です。

参道の右側にある清水屋は、元緑2年(1689年)に創業され、原材料に黄5、青1、赤102の着色料が使用されています。
参道の左側にある中田屋は、文化2年(1805年)に創業され、着色料や保存料は一切使わず、安心感がある国産の生のよもぎ100%の天然の原材料のみを使っています。

つぶ餡かこし餡が選べる清水屋と中田屋の草団子を比べてみると、どちらも別々になっている団子と餡は、清水屋のほうがたくさんのあんこが入っています。
落ち着いた緑色の清水屋の団子は、よもぎの香りがそれほど強く感じないうえ、粒餡のつぶつぶ感もあまりありません。

一方深い鮮やかな緑色の中田屋の団子は、国産の生のよもぎ100%の強い香りがあるうえ、甘過ぎないあんこをつけても、よもぎの味が十分感じられます。

清水屋の店舗情報は以下の通りです。
住所:東京都足立区西新井1丁目9-11
電話:03-3890-4122です。

中田屋の店舗情報は以下の通りです。
住所:東京都足立区西新井1丁目5-12
電話:03-3890-2933です。

草団子を買うとき、ほとんど清水屋で買っている私は、次回西新井大師を訪れたら、中田屋の草団子を買って食べてみたいです。

また、清水屋と中田屋の店内で食事をしたあと、デザートに草団子を食べるのもよいでしょう。
新年の厄除けに西新井大師を訪れたら、清水屋と中田屋を思い出し、私がお勧めする草団子の美味しさを堪能してほしいです。

たねや茶屋、梅田の阪急百貨店地下一階にあるたねやプロデュースの甘味処

店名:たねや茶屋
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 B1F
電話:06-6313-7666

たねや茶屋は、大阪で一番人気の百貨店・うめだ阪急の地下一階にあります。
大変人気でいつも並んでおり、中は優雅なマダムでごったがえしております。

たねや茶屋は和のカフェといった感じで、メニューはおだんごやパフェ、あんみつやぜんざいなどです。
期間限定メニューも多くて夏季にはカキ氷も登場します。

私が注文したのは、あんみつでお値段は770円でした。
百貨店価格という感じですね。

しかしさすが阪急で、たねや茶屋の店員さんの接客態度は皆丁寧で笑顔でした。
疲れが吹き飛ぶ感じがしました。

たねや茶屋のあんみつは余計なトッピングはないシンプルなもので、大きめの寒天とお餅に黒豆、あんこ、アンズが入っており大人っぽい仕上がりです。
黒蜜をかけて食べるので、好きな甘さに調節することが可能です。

味は甘さ控えめで上品な味わいです。
大人のマダムにはこのくらいがいいと思います。

お団子でなくてお餅なのがポイントで、すごくモチモチしていて食べ応えがあります。
あんこも甘すぎず、すごくすっきりとした後を引く美味しさでした。

たねや茶屋は、ドリンクもグリーンティーや黒豆茶がありますので、甘味とよく合っておススメだそうです。

いずもちーずけーき本舗、出雲大社の近くにある飲めるちーずけーきがおすすめの店

店名:いずもちーずけーき本舗
住所:島根県出雲市大社町杵築南833-3
電話:0853-31-4811
いずもちーずけーき本舗は出雲大社付近にあるチーズケーキ専門店です。
店内は4人ほどで切り盛りしており、若いスタッフが多い印象を受けました。

メニューはいろいろありますが、いずもちーずけーき本舗の目玉商品は飲めるちーずけーき。
飲めるちーずけーきいちご600円と、飲めるちーずけーきはちみつ600円といった商品がございます。

どっちもスタバのフラペチーノを飲むのと同じような感覚で、大きめのストローで全体をよくかき混ぜてから飲んでいただけたらなと思います。
特にはちみつは、はちみつの甘さと、チーズケーキのさわやかさがうまく噛み合い、濃厚ながらもわりとすっきりとした味わいが特徴です。

あとは瓶に入ったいずもちーずけーきちーず420円、ぜんざい480円、いちご450円といった商品がございます。

ちーずけーきのちーずは飲むちーずけーき同様、濃厚ながらもさわやかな味わいが特徴。
チーズケーキ好きであればすんなりと受け入れられるはずです。

あと、ぜんざいは和と洋の融合を楽しみたい方、そして、チーズケーキが好きでなおかつ出雲の名産品のぜんざいも是非食べたいって方には、是非食べていただきたいです。

ちなみに、いずもちーずけーき本舗は基本テイクアウトといった形になりますが、店の近くにベンチもあるのでそこで食べる方も多くいらっしゃいます。
出雲大社参拝後などにスイーツで小腹を満たしたい方は、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

神戸で美味しいチョコスイーツを味わうならパティスリー グレゴリーコレがおすすめ

パティスリー グレゴリーコレは、神戸の観光スポットして賑わう北野エリアにあるカフェ併設のパティスリーです。
グレゴリーコレは洗練された味わい深いチョコレート系のケーキが人気で、スイーツの名店が多い神戸のなかでも高く評価されているお店のひとつです。

店名:パティスリー グレゴリーコレ (Patisserie GREGORY COLLET)
住所:兵庫県神戸市中央区山本通2-3-5
電話:078-200-4351

濃厚なショコラの味わいを堪能したい人には、「アプソリュ」がおすすめです。
艶ややかなショコラが掛かったケーキは、フォークを入れて形を崩すのが惜しくなってしまうほどの美しさと気品に満ちています。

中には、クレームブリュレやキャラメルが閉じ込められていて、口に入れるとそれぞれの風味が重なり合って、広がりのある味わいを感じられます。

ケーキのデザイン性の高さがまず目を引く「アヴァンギャルド」は、まろやかなバニラのムースでビターなショコラムースを包んだ球形のケーキです。

外側が白いけれど、味わってみるとしっかりチョコレートの味がするというところがなかなか面白いと思います。

グレゴリーコレの2階にあるカフェスペースは、白と黒を基調にしたスタイリッシュな雰囲気で、おしゃれなスイーツを味わうのにぴったりの雰囲気です。
美味しいケーキを素敵な空間で味わえる幸せなひとときを過ごせるお店です。

築地にあるデニーズのチョコレートケーキのようなDEVIL’S ブラウニーサンデー

店名:デニーズ築地店
住所:東京都中央区築地3-4-12
電話:03-5565-3466

デニーズと言えば、デザートにも注目が集まるお店だと思います。

デニーズ築地店では、他のお店よりも美味しそうに見えるメニューが結構あって、その中の1つがDEVIL’S ブラウニーサンデーです。

これはチョコレートパフェになりますけど、メニュー名が結構個性的だと思います。

ただ、見た目はパフェの容器に入っているものの、チョコレートケーキのようにも見えます。

チョコレートケーキをパフェの容器に詰めたようにも見え、実際に食べてみるとチョコレートケーキのような味わいを感じます。

パフェと言えばパフェにも感じなくはないという状況で、正確に言えばチョコレートケーキに食感とか、味は近かったと思います。

ただ、味は普通に美味しいので、その点については大満足です。

デニーズで食後に甘いものを食べたいなと思ったときにはこのDEVIL’S ブラウニーサンデーは特におすすめです。

チョコレートが全体的に使われていて、それ以外の特徴はそんなにないのですが、甘いチョコレートを存分に味わうことができるメニューのため、普段からチョコレートケーキが好きな人にとってはぜひ食べてもらいたいです。

大阪市淀川区塚本にあるD-FUNKはがっつり食べられるクレープ屋

店名:クレープ&カフェ 塚本 ディーファンク CREPE&CAFE 塚本D-FUNK
住所:大阪府大阪市淀川区塚本2丁目28-14
電話:080-8326-6609

クレープといえば、若い女性や子供が好きな食べ物っていうイメージ。
そのため、成人男性はあまり食べないイメージがありました。

塚本D-FUNKは、成人男性も満足できるメニューがたくさんあります。
もちろん定番のチョコバナナなど、いかにもクレープっていうメニューもあります。
それらも美味しくて人気があるメニューです。

塚本D-FUNKでなんだこれはと思って頼んだのが、キーマフランクです。
フランクとキーマカレー、チーズをクレープの生地で包んで揚げたものです。

これはクレープと呼んでいいのかなと思いましたが、クレープ生地を使っているのでクレープでしょう。

なかなかの新食感です。
そして、これがうまいんです。
スイーツとして食べるのではなく、おかずとして食べられます。

なかなかずっしりとした重量感があり、ガッツリ食べられるクレープです。
これはこれでありだなと思うはず。

他にもスパイシーフランクやスタミナガーリックなどの、塚本D-FUNKはおかず系クレープが豊富にあります。
デリカランチクレープというメニューらしいですが、確かにランチとして食べても違和感はありません。

こういうクレープ屋があるとは知りませんでした。
多くの人に知ってもらいたいですね。

塚本を訪れたら、D-FUNKに行ってみてください。
人気のタピオカドリンクなども扱っています。

長野県の小布施!桜井甘精堂の小布施本店でマロンシュー

長野県の小布施に行った時、小布施堂と一緒に桜井甘精堂にも立ち寄りました。

おみやげを購入するほか、桜井甘精堂だけでしか買えない商品があればいいと思って調べたところ、マロンシューが売っているのを発見。
お店の人に持ち帰りができるか聞いたところ、できるとのこと。保冷剤をつけてくれると言ってくれました。

少し固めの皮にマロンクリームが入っているシュークリームです。
桜井甘精堂はイートインもできたみたいですが、購入して宿泊施設で食べることに。

食べてみた感想は、そこまでマロンの風味は強くなく子供でも食べられる味。
この時、小布施堂のモンブランも持ち帰り、子供にどちらが好きか聞いたところこちらのマロンシューでした。

少しもらったらクリームが生クリームに近くほんのりとマロンの風味がします。栗は弱めで上品な味。

小布施堂のモンブランが600円だったのに比べ、こちらの商品は1個300円以下だったので2個購入して500円くらいだったのが良心的だと感じました。

無料駐車場もあり、桜井甘精堂でお買い物をしたら駐車券を配布してくれたのも好感度あり。
子供がおいしいと言って半分以上食べられてしまったので、次回は自分用にまるまる1個買いたいと思います!

店名:桜井甘精堂 小布施本店
住所:長野県上高井郡小布施町小布施774
電話:026-247-1088