旬菜家、西都原このはな館にある古代を知りながらの腹ごしらえができるレストラン

西都原の観光の拠点で、古墳群の概要や周辺の史跡関連の資料を展示しているのが、このはな館です。
この館内にあるレストラン旬菜家は、健康的な料理が自慢で、指定農家さんから毎朝、朝とれた野菜が運ばれてくるので、栄養価の高い新鮮な野菜が食べられるのがウリです。

旬菜家では、古代米などの雑穀米をアレンジした古代メニューなども提供されていたのですが、今は、まがたま御膳(950円)がイチオシです。
ふわふわした食感の鶏の和風ハンバーグがメインですが、旬菜御膳(1130円)も不動の人気で、白身魚フライの餡かけがメインになっています。

旬菜家の総菜には地元の野菜がたっぷり使われていてヘルシーで、特に女性のお客さんが多いようです。
男性客からは、手打ちそばが人気のようで、ざるそば(1140円)はそばの香りが際立つ1品です。

もちろん、宮崎名物チキン南蛮もありますし、リピートしたくなるのが旬菜家カレーです。
たくさんの野菜のうまみがルーに溶け込んでいて、お子さんからも人気です。
館内には物産販売コーナーも併設されており、お買い物も同時に楽しむことができます。

店名:このはな館レストラン 旬菜家
住所:宮崎県西都市三宅4941-1
電話:0983-43-6230

あなごと日本酒 なかむら、大阪市北区天神橋にある海鮮料理店

店名:あなごと日本酒 なかむら
住所:大阪府大阪市北区天神橋3丁目3−14
電話:06-6360-9696

先日、上司にあなご料理のお店に連れていってもらいました。

あなごと日本酒 なかむらというお店で、扇町駅と南森町駅のちょうど間ぐらいの場所にあります。
なかむら店内は和の洗練された空間という感じで、すごい料理が出てきそうだなと思いました。

私たちが食べたのは、あなごのコース料理。
全8品で3,800円となっています。

なかむらのコースですが、どの料理もレベルが高くて美味しかったです。
一つ一つの料理はこじんまりとした料理なのですが、それだけ多くのメニューを食べることができます。

お造りは新鮮だし、揚げ物も胃に優しく上品な味で食べやすい。
焼き物や蒸し物に関しても、素材の良さ調理加減が絶妙で美味しい。

特に茶碗蒸しに関しては、今まで食べた中でも一番かもというぐらい美味しかったです。

なかむらでは日本酒にもこだわりがあるのですが、日本酒に合う料理が多かったです。
普段は日本酒をあまり飲まない方なんですが、かなり美味しく感じました。
最後に出てくるデザートも、気品を感じる一品となっています。

ちなみにコースの内容ですが、季節によって変わるようです。
その季節の一番良いものを仕入れているようですね。
いつ来ても、そのときのベストを食べることができます。

あなご尽くしでしたが、かなり満足できました。
今度はあなご好きな友人を連れて行こうかと思っています。

静岡県沼津市に旅行に来て海鮮を食べるなら魚魚炉で決まり!

店名:魚魚炉
住所:〒410-0048 静岡県沼津市新宿町1−20 稲木ビル1F
電話:050-3466-8696

まず魚魚炉のオススメは刺身の盛り合わせ(一人前1980円)と静岡おでんと海鮮かき揚げです。
魚魚炉の刺身の盛り合わせは、沼津港直送の新鮮な魚をそのままさばいてくれるので身がぷりぷりで甘い味が楽しめます。

沼津といえば生しらすと甘海老、そしてアジです。
鮮度が良いため身が透き通っているので、甘みがたまりません。

静岡おでんは、魚魚炉の店主オリジナルの出汁で作った味が食欲をそそり、ご飯を食べないではいられないくらいの濃厚な味となっています。

オススメのおでんは卵と大根です。
こちらの二品は味がとても染み込んでいるので食べなきゃ損です。

そして海鮮かき揚げですが、一品1280円と高めに感じますがボリュームがすごいです。
三人はいないと食べきれない量でシャケやアジとほたて桜海老と野菜が入っており、この一品だけでもお腹を十分満たす品となっています。

魚魚炉は、お酒も日本酒好きなら必ず飲みたくなる静岡の地酒も多く扱っているので、飲む楽しみもあるオススメの居酒屋になっています。
店の雰囲気も昔ながらの居酒屋のような店内になっているので雰囲気で味わえるお店です。

新潟県妙高市、氷見 きときと寿し あらい道の駅店がリニューアル

道の駅にある寿司屋へ。
氷見きときと寿しの「あらい道の駅店」に行ってきました!

これまでも何度も訪れている場所で、前に比べてリニューアルをして半個室風になっているので、きときと寿しは新型コロナでも割と安心。

ボックス席になっていて、隣とは壁で仕切られ、入口も通風できるくらいの和風のドアっぽいものがついています。

新型コロナのため、万が一の時に連絡する用に代表者の氏名と連絡先を書いて、アルコール消毒をして、きときと寿し店内に入ります。

回転寿司もありますが、タッチパネルで注文してみました。
110円、140円、180円、280円、330円、380円、460円、560円、660円、760円、1000円の皿に別れていて、220円や280円の皿が多いのが良心的。

真あじは220円+税、紅ずわい蟹は330円+税、地物の甘えびは380円+税。
同行者は煮込み一本あなご560円+税を注文していました。
かなりの迫力!

行くとかならず頼む「てんこ盛り」シリーズ、この日はかにのてんこ盛り280円+税を注文。
満腹になるほど食べてもそこまで高くないのがいい……!

きときと寿し、また行きたくなります。

店名:氷見 きときと寿し あらい道の駅店
住所:新潟県妙高市新井大字猪野山55-16
電話:0120-70-6682

魚屋スタンドふじ、大阪市淀川区にある安くて美味しい海鮮料理店

店名:魚屋スタンドふじ
住所:大阪府大阪市淀川区西中島5丁目15-5 新なにわ大食堂
電話:06-6151-9444

大阪は美味しいものがたくさんあるのですが、それだけに何を食べればいいか迷ってしまう。
それでしたら、魚屋スタンドふじはどうでしょうか。

魚屋スタンドふじは、店名から海鮮系の飲食店だとお分かりだと思いますが、とにかくアクセスが良い。
新大阪駅の構内にあるお店です。
そのため、出張などで大阪を訪れた人が多く来店されるようです。

魚屋スタンドふじのお店なのですが、とても雰囲気が良いです。
お店は清潔に保たれていますし、店員さんの威勢が良い。
活気があるので、飲む環境としては最高ではないでしょうか。

魚屋スタンドふじ店内を見渡すと、手書きの力強いタッチの文字で書かれたメニューがたくさん貼られています。
メニューに書かれた値段を見ると、安い!

ほとんどのメニューが400円前後です。
そのため、たくさんの料理を楽しむことができるのです。

メニュー表には魚が安いだけの店とありますが、そんなことはありません。
安いだけでなく、味も美味しい。
料理にもこだわりが感じます。

魚屋スタンドふじのおすすめ料理は鯛とうふ蒸し。
鯛のお頭に豆腐、ワカメを蒸した料理です。

薬味とポン酢で食べるのですが、これが本当にうまい。
鯛のうまみをしっかりと感じることができます。
日本酒が合う味ですね。

他にも刺身の盛り合わせや、焼き魚などの料理が豊富です。
本当に安くて美味しく飲めるお店なので、魚屋スタンドふじは多くの人に利用してもらいたいお店です。

かんてきや瓦町店、淀屋橋のオフィス街で京都の町屋を彷彿させる海鮮料理店

店名:かんてきや 瓦町店
住所:〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町3-2-7 グリーンビル
電話:06-6228-3666

かんてきやは、オフィス街にありながらも町家、古民家をイメージさせられるお店であり、そのギャップが魅力的です。
看板のでている細い入口から細い一本道を奥へ奥へと歩いていくと、入り口があります。

かんてきやは、あわただしいオフィス街の感覚から離れ、日本人らしい落ち着きを感じることができます。
また離れという貸切の個室もあり、そこでいただくお料理は旅館で食べているような錯覚に陥ることもできる、魅力的な部分であります。

かんてきやのお料理は主に海鮮メニューです。
浜焼きや煮つけ、刺身など多岐にわたった調理で新鮮な海鮮料理を味わうことができます。

季節の魚介類がメインになっていて、四季折々ちがった魚介類を楽しむことができます。
独自のルートで地魚を仕入れているようで、普段目にしない魚の種類を味わうこともでき、海鮮好きにはたまりません。

魚介類そのものが新鮮で自信のあるものを仕入れているからこそ、そのまま七輪で丸焼きにする食べ方がこのお店の売りであり、お味も最高なんだろうと感じています。

かんてきやは雰囲気抜群ですが、コース料理はリーズナブルです。
グループだと飲み放題付で5000円ほどからコース料理もあります。

ほとんどのコース料理はボリューム満点で、しめの鯛茶漬けに至るころには満腹の状態ですが、この鯛茶漬けがしめにピッタリでペロリと完食できます。
おいしいお料理と雰囲気に酔うことができ、かんてきやは気づけば時間が経っているお店でおすすめです。

香川県丸亀市で飲み会の会場に迷ったら祇園小路 鮮 遊食房屋 丸亀店

店名:祇園小路 鮮 遊食房屋 丸亀店
住所:香川県丸亀市西平山町277-1
電話:0877-35-8566

祇園小路 鮮 遊食房屋は店内が広く開放的で、しかも個室が多いのが最大の魅力です。
開店したのも比較的最近で、内装が綺麗ですし、料金がリーズナブルなのも幹事さんにとっては助かりますよね。

こういうご時世ですので、外食する際に、他の人たちと距離が近い席はちょっと遠慮したいという方にも、祇園小路 鮮 遊食房屋はおすすめです。
タブレットでの注文ですし、コロナ対策として店内の消毒や換気にもかなり気を配っているので、安心できますよ。

祇園小路 鮮 遊食房屋はランチでの利用も可能で、料金は1000円から1400円くらい。
お刺身や天婦羅に焼物や煮物、茶碗蒸し、ドリンクなどがセットになっていて、かなりのボリュームです。
女性はもちろん、男性でもその内容と良に十分満足できるでしょう。 

祇園小路 鮮 遊食房屋の夜は、会席料理のコースから選択することもできますし、単品から選ぶことも可能です。
ちなみに会席料理のコースは4000円~8000円と料理の質や量に応じて幅広い選択肢があり、飲み放題は別途、2時間1500円からで追加できます。

なお、祇園小路 鮮 遊食房屋に来店の際はホームページなどから手に入るクーポン券を持参するのがおススメ。
デザートのおまけや特定メニュー半額など、嬉しい特典が満載ですよ。